« 今年初めてのランチにパスタ”ほうれん草とカニ缶のトマトクリームパスタ” | トップページ | キャベツとじゃがいものスパイス蒸し »

塩麹で下味をつけた”ポークソテー・シャルキュティエ風”

                                       Dsc01636


     ☆ 塩麹で下味をつけた”ポークソテー・シャルキュティエ風”

   料理研究家 大森由紀子著「フランス地方のおそうざい」柴田書店によると

   シャルキュティエ風とは、豚肉屋さん風という意味だそうです。

      レシピ本道理には作れないので、

   大幅にわたし流にアレンジしてしまいました。

   本当は、フォン・ド・ヴォーを使用するそうですが、

   家にはないので、私流に生クリームと粒マスタードを使ってみました。

   <材料>2人分

    豚ロース肉    2枚

    塩麹       小さじ1

    玉ねぎ      1/4個(薄切りにする)

    白ワイン     大さじ1

    生クリーム    100cc

    粒マスタード   小さじ1

    ピクルスのみじん切り   大さじ1

    バター      小さじ1

    塩・こしょう    適宜

   <作り方>

      1 豚ロース肉は焼き縮みを防ぐため、肉と脂身に数ヵ所切りこみ

        を入れ、こしょう、塩麹をまぶし半日冷蔵庫で寝かせる。

      2 肉を冷蔵庫から取り出し焼くまで室温にもどしておく。

        フライパンを弱火で熱し、豚肉の脂身を下にしてフライパンに

        押しつけ豚肉から脂がにじみ出てきたら、横にたおして、美味し

        い焼き色がつくように焼く。

      3 豚肉を取りだし、バットに入れアルミホイルをかぶせ保温する。

        肉を焼いたフライパンに玉ねぎを入れ良く炒めしんなりしたら

        白ワインを加え、バットに出た肉汁も加え、生クリーム、ピク

        ルス、粒マスタード、バターを加え煮詰め塩・こしょうで味を

        整える。

      4 豚肉を皿に盛りソースをかけ、付け合わせを盛り付ける。

        *付け合わせは、

           ・やつがしらのドーフィノア

              (ドーフィノアとはフランス「ドーフィノア地方の」

                  と言う意味でイモのチーズグラタンらしいです)

             お正月とあって「やつがしら」が大好きなわたし・・・

             先日もお客様に作ってお出ししたら評判が良く、

             BOSSもわたしもまた食べたくなったので今回も!

           ・スナップえんどうのソテー

           ・玄米ごはん

         Dsc01632


            今夜のお献立は

               前菜

                  ・京にんじんのはちみつサラダ

                     ベビーリーフ添え

                  ・焼き長なすと生しいたけのお浸し

                  ・黒豆

                  ・伊達巻

                  ・焼き厚揚げしょうが醤油

              Dsc01633


                     今日からJOURNEYも普通営業中なので

                     赤ワインを飲んで仕事はできません。

                     プーアール茶を頂きながらのお食事です。

                   Dsc01637


              スープは何時飲んでも美味しい

                  ・かぼちゃポタージュ

                アクセントの挽いた黒こしょうが

                良い仕事してくれています。

              Dsc01635


              そして、メインに

                 ポークソテーでした。

                 塩麹本当に、お肉が柔らかく出来上がり

                 なんとも言えないうま味が加わり、

                 和・洋・中どんな料理でも邪魔しない

                 調味料なので、ビックリです。

              Dsc01640


               デザートには、

               三時のおやつに、お正月の「お餅」を消化するため

               「おしるこ」を煮ましたので、

               ミルクゼリーに冷したおしるこがけです。

               自分で煮たおしるこは甘さを控えられるので

               こんなデザートにも変身できます。

              Dsc01630


               昼間「あつあつ」のおしるこを頂きました。

               ほら”湯気”が立ち上ってる写真とれましたよ。

               わが家は、粒あん好きなので「田舎しるこ」です。

 

にほんブログ村 料理ブログ 晩ご飯へ
にほんブログ村

  ↑

人気ブログランキングへ

   ↑


      見に来てくださり有難うございました。
      ランキングに参加中です。
      クリック頂けたら幸いです。
      毎日の更新の励みになっています。
      どうぞよろしくお願いします。
      

« 今年初めてのランチにパスタ”ほうれん草とカニ缶のトマトクリームパスタ” | トップページ | キャベツとじゃがいものスパイス蒸し »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

おめでとうございます

前にも増して美味しそう~
色がきれいですよね
chiichanさんの手にかかると
和のお節も洋に変身ですね。

今年もよろしくお願いします

まーみんさん、コメントありがとうございました
ことしも、よろしくお願いします
まーみんさんの、美味しいパン・・・
いつか教わりたいです

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 塩麹で下味をつけた”ポークソテー・シャルキュティエ風”:

« 今年初めてのランチにパスタ”ほうれん草とカニ缶のトマトクリームパスタ” | トップページ | キャベツとじゃがいものスパイス蒸し »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

JOURNEY BOSS

最近のトラックバック